共同利用・共同研究拠点

主な共同研究成果

バリアント型CD44はxCTを安定化させてがん細胞の還元状態を制御することで発がんを促進する

CD44 variant regulates redox status in cancer cells by stabilizing the xCT subunit of system xc(-) and thereby promotes tumor growth.
共同研究者

慶應義塾大学医学部先端医学研究所 佐谷秀行 金沢大学がん進展制御研究所 大島正伸

発表論文

Cancer Cell 19:387-400, 2011

著者

Ishimoto T, Nagano O, Yae T, Tamada M, Motohara T, Oshima H, Oshima M, Ikeda T, Asaba R, Yagi H, Masuko T, Shimizu T, Ishikawa T, Kai K, Takahashi E, Imamura Y, Baba Y, Ohmura M, Suematsu M, Baba H, Saya H.

要 旨

抗がん剤に抵抗性のがん幹細胞を標的とした治療薬は、がんの根治を目指した治療法として注目されている。また、CD44は乳がんや大腸がんなどのがん幹細胞マーカーとして知られている。本研究では、バリアント型CD44がシスチントランスポーターのxCTと結合し、グルタチオン精製を促進することで、がん細胞の活性酸素(ROS)蓄積を抑制し、酸化ストレスにたいする抵抗性を高めていることを明らかにした。また、胃がんモデルのGanマウスでCD44遺伝子欠損を誘導すると、酸化ストレスに関連するp38の活性化やp21の発現を誘導し、胃がん発生が顕著に抑制された。以上の結果により、CD44やxCTの阻害により、がん幹細胞を標的とした新たな治療法の確立の可能性が示された。

2

CD44vによるがん細胞の酸化ストレス回避機構 CF44vはxCTと結合して細胞内へのシスチン取り込みを促進し、抗酸化物質のグルタチオン生成が亢進する。その結果、がん細胞はストレスシグナルから回避する。