共同利用・共同研究拠点

主な共同研究成果

分子生体応答の向田教授のグループは、福井大学との共同研究により、肝臓がんの肺転移過程において、間質マクロファージとともに、肺胞マクロファージとが協調的に働くことで、肺転移巣の増大が起きることを明らかにし、その研究成果がJournal of Immunology誌に掲載されました。

要 旨