共同利用・共同研究拠点

主な共同研究成果

腫瘍動態制御研究分野の松本教授は、California 大学のManish Aghi教授らとの国際共同研究で、ヒト乳がんならびにグリオブラストーマを用いて、低酸素や血管新生阻害ストレスによって誘導されるMET/HGF受容体とインテグリンβ1複合体(MET-β1)形成が、浸潤性獲得につながることを示した研究成果がProc Natl Acad Sci USAに掲載されました。

要 旨