組織・研究分野
がん微小環境研究プログラム
Cancer Microenvironment Research Program

腫瘍動態制御研究分野
Division of Tumor Dynamics and Regulation

研究室ホームページへ

研究室ホームページへ

スタッフ

松本先生

教授
松本 邦夫
Matsumoto Kunio

助教
酒井 克也
Sakai Katsuya

助教
今村  龍
Imamura Ryu

特任助教
佐藤 拓輝
Sato Hiroki

目的、研究課題、最近の主な成果

 細胞増殖因子は極微量ながら細胞の増殖・分化や細胞死,さらに遊走や3-D形態形成など多彩な細胞機能を調節するタンパク質である。HGF(hepatocyte growth factor:肝細胞増殖因子)は,当初,肝細胞の増殖促進を指標として発見された増殖因子であり,Metチロシンキナーゼを受容体として生理活性を発揮する。HGFは上皮-間葉相互作用を介した器官の形態形成,成体においては肝臓をはじめとする組織・臓器の再生を担う一方,がん細胞のダイナミックな動態,すなわち浸潤・転移に関与している。私達の研究室ではHGFとMet受容体を中心として組織再生(肝再生など)制御の研究,がん微小環境を介したがん悪性進展(浸潤・転移や薬剤耐性の獲得)におけるHGF-Met系の意義,HGF-Met阻害分子の創成と制がんの基礎研究などを行っている。がんは「never healing wound(修復しない傷)」とたとえられる。多くのがんはダイナミックな組織の修復・再生を担う生物学的な仕組みを巧妙に使って勢力拡大-成長や浸潤・転移,薬剤耐性-に至る。私達は生化学・分子生物学を基盤として,HGF-Met系を分子標的とする制がん研究や再生制御の研究などオリジナルな研究成果を発信したいと考えている。

図1 形態形成やがん浸潤・転移におけるHGF

図1 形態形成やがん浸潤・転移におけるHGF
HGFはMetチロシンキナーゼを受容体とし,正常組織の上皮3-D形態形成や組織再生を担う一方,がん組織においてはがん細胞の3-D浸潤や転移を促す。HGF-Met系促進は再生治療につながる一方,HGF-Met系阻害は転移・薬剤耐性を克服するがん治療法開発につながる。

図2 3-D形態形成とHGF-Met阻害分子による浸潤阻止

図2 3-D形態形成とHGF-Met阻害分子による浸潤阻止
HGFは乳腺や腎尿細管などを含む上皮細胞の3-D管腔形成を誘導する(上)。HGFに対する細胞の応答は3-D positionによって異なる。3-D position依存的なMet活性化の仕組みが形態形成や浸潤の仕組みの解明につながる。一方,HGF-Met系に対する選択的阻害分子はがん細胞の3-D浸潤を阻害する(下)。HGF-Met阻害分子はがん転移・薬剤耐性阻止につながると考えられる。私達はHGF-Met阻害分子創成の研究も進めている。