組織・研究分野
がん微小環境研究プログラム
Division of Tumor Cell Biology and Bioimaging

腫瘍細胞生物学研究分野
Division of Tumor Cell Biology and Bioimaging

研究室ホームページへ

研究室ホームページへ

スタッフ

平田 英周

准教授
平田 英周
Hirata Eishu

目的、研究課題、最近の主な成果

 プロテインキナーゼをコードするがん遺伝子の発見以来、その活性阻害はがんに対する薬物療法の切り札として期待され、実際にAbl、EGFR、BRAF等に対する選択的阻害薬は大きな臨床的成果を挙げてきた。しかしながら一方で、これらに対する薬剤耐性の出現が現代のがん医療が直面する最も大きな課題の一つとなっている。我々はこれまでに、メラノーマ微小環境に存在する線維芽細胞がBRAF阻害剤に対する一時的な薬剤耐性環境 ”safe haven” の成立に重要な役割を担うことを明らかにしてきた。また実験的・臨床的解析の両面から、がん薬物療法に対する応答には臓器特異性が存在することも明らかにしてきた。これらはすなわち、がん治療においては腫瘍微小環境がもたらす影響を最大限に考慮する必要があることを示唆している。
 本研究室では、がん遺伝子情報に基づいた治療戦略に臓器特異的腫瘍微小環境を標的とした治療戦略を組み合わせることを「次世代型プレシジョン医療」と位置付け、腫瘍微小環境によるがん細胞修飾機構を明らかにし、これを臨床応用へと展開することを目標とする。特に中枢神経系微小環境におけるがん細胞と間質細胞の双方向性エピジェネティクス制御機構と薬剤耐性、神経免疫システム再構成への関わりに着目し、外科的に治癒を得ることができない原発性・転移性脳腫瘍に対する革新的治療戦略を確立することに挑戦する。

図1

Figure 1. “Safe haven” – A temporary drug-resistant microenvironment against BRAF inhibition, visualized by intravital two-photon microscopy.
Scale = 100 μm

図2

Figure 2. Brain metastastatic lung cancer cells well respond to an EGFR inhibitir, gefitinib, however a small fraction of the cells survive in the brain microenvironment.
Scale = 2.5 mm (large panels) and 100 μm (small panel)