組織・研究分野
がん幹細胞プログラム
Cancer and Stem Cell Research Program

遺伝子・染色体構築研究分野
Division of Molecular Genetics

研究室ホームページへ

研究室ホームページへ

スタッフ

教授
平尾  敦
Hirao Atsushi

助教
田所 優子
Tadokoro Yuko

助教
小林 昌彦
Kobayashi
Masahiko

助教
上野 将也
Ueno Masaya

目的、研究課題、最近の主な成果

 幹細胞とは,各組織あるいは細胞の源となる細胞であり,多系統の細胞に分化する“多分化能”と幹細胞を再び作る“自己複製能”を持つ細胞と定義される細胞である。幹細胞プールが個体の生涯に亘って維持され続けるためには,自己複製能を適切に制御する必要がある。我々は,これまでFOXOやmTOR経路など,寿命制御に関わる分子が幹細胞の自己複製に重要な役割を果たしていることを明らかにしてきた。このことは,幹細胞制御における細胞内代謝の重要性を示唆するものである。
 近年,がん組織中に,幹細胞的役割を持つ“がん幹細胞”の存在が示され,がん治療の真の標的細胞として注目されている。正常幹細胞とがん幹細胞の共通および相違点を見極めることによって,がんの根治を目指した新たな治療法の開発に寄与できると考えられる。


図1 栄養センサーシグナル


図2 静止期造血幹細胞におけるmTORおよびFOXO経路


図3 治療耐性白血病幹細胞におけるFOXO活性化


図4 白血病幹細胞におけるmTOR複合体機能