所長挨拶
message

 

 

はじめに

金沢大学
がん進展制御研究所長 平尾 敦

hirao.jpg

 

 金沢大学がん進展制御研究所は、昭和42年の設置以来、約50年の研究の歴史を有する国立大学附置研究所の中でも唯一の「がん研究」に特化した研究所です。本研究所では、「がんの悪性化進展機構」に焦点をあてた研究を推進することにより、新しい診断・治療法の開発や臨床応用を通して、科学の進歩に寄与するとともに、がんの克服による長寿健康社会実現へ向けた活動を行っています。

がんは、日本人の死亡原因の1位であり、3人に1人ががんで亡くなっています。とくに、遠隔臓器への転移や薬剤耐性が原因となる再発に代表される「がんの悪性化進展」を制御することは、がんの克服にはとても重要な課題です。近年、ゲノム研究の進展により、転移や薬剤耐性などの悪性化進展に関わる遺伝子情報が次第に明らかにされつつあります。これまで、私たちは、ゲノム情報をもとに、さらに新しい切り口によるがん研究の推進が重要であると考え、「がん幹細胞」、「がん微小環境」、「分子治療標的」に集中して研究を進めて参りました。さらに、大学の枠を越えた全国規模の共同研究、および国際共同研究の推進を目的に、新たに、「先進がんモデル共同研究センター」を設置いたしました。本体制で得られた成果を新たな研究資源とし、がんの転移・薬剤耐性の本態解明へ向けた取り組みを加速化させ、革新的な基礎研究成果を蓄積して我が国のコミュニティの学術研究を深化させたいと思っています。基礎研究から産み出されたシーズを用いた創薬研究や臨床研究(治験)などのトランスレーショナルリサーチを推進することにより、革新的ながん治療を開発し社会に貢献することを目指します。

 本研究所は、文部科学省より「がんの転移と薬剤耐性に関する先導的共同研究拠点」としての認定を受け、積極的に他施設の研究者とのネットワーク作りを進めています。毎年50件を越える先進的な共同研究を推進し、数々の研究成果を発表しています。この共同研究は、国内に留まらず、海外の研究者、さらには、シンガポール国立大学、韓国ソウル大学、中国復旦大学を初めとした著名な研究所との機関同士の交流による国際化を図っています。その一環として、所内には、外国人教員も複数所属し、海外からの留学生の受け入れも積極的に進めています。私たちの活動や特筆すべき研究成果については、ホームページ上で紹介していますので、是非、ご覧下さい。

 今後とも、皆様のご理解とご協力を賜ることが出来ましたら幸いに存じます。何とぞよろしくお願い致します。

                         平成29年4月1日 がん進展制御研究所長 平尾 敦