共同利用・共同研究拠点

平成27年度 金沢大学がん進展制御研究所共同研究採択課題一覧

← 表を左右にスクロールしてご覧下さい →

整理
番号
特定
一般
国際
機関名 講座等 職名 代表者氏名 研究題目 担当
教員
1 特定 国立がん研究センター研究所 希少がん研究分野 主任研究員 大木 理恵子 がん抑制遺伝子p53機能喪失による胃がん悪性化機構の本態解明 大島 正伸
2 特定 大阪大学大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻 教授 清水 浩 がん幹細胞特異的代謝フラックスの解明 高橋 智聡
3 特定 神戸大学大学院医学研究科 分子細胞生物学分野 准教授 下野 洋平 転移乳がん幹細胞の幹細胞性制御機構のパスウェイ解析 後藤 典子
4 特定 和歌山県立医科大学先端医学研究所 生体調節機構研究部 教授 改正 恒康 抗ガン免疫応答におけるケモカイン受容体XCR1発現樹状細胞およびXCR1の機能的意義の解明 向田 直史
5 特定 MIMR-PHI Institute of Medical Research, Monash University   Professor Brendan Jenkins Novel mouse models to understand the molecular pathogenesis of gastric cancer 大島 正伸
6 一般 熊本大学大学院先導機構 国際先端医学研究拠点施設 特別招聘准教授 指田 吾郎 TET2変異による骨髄異形成症候群幹細胞の制御機構 平尾 敦
7 一般 東京大学先端科学技術研究センター   特任助教 大澤 毅 癌代謝を基軸とする癌幹細胞制御機構の解明 平尾 敦
8 一般 慶應義塾大学医学部先端医科学研究所 遺伝子制御部門 特任助教 大西 伸幸 神経幹細胞を用いた脳腫瘍発がんモデルにおけるmTORC1/2の機能解析 平尾 敦
9 一般 近畿大学医学部 生化学教室 教授 岡田 斉 トリプルネガティブ乳がん治療耐性獲得機序に関する知的基盤の確立 平尾 敦
10 一般 北海道大学大学院医学研究科 病理学講座 講師 津田 真寿美 膠芽腫の分子標的治療薬耐性機構の解明と治療薬の開発 平尾 敦
11 一般 山口大学共同獣医学部 生体機能学講座 准教授 大浜 剛 PP2A阻害因子SETによる胃癌悪性化の分子機構の解明 大島 正伸
12 一般 東京女子医科大学 薬理学教室 助教 出口 敦子 Toll様受容体内因性リガンドによるがん微小環境の増悪化 大島 正伸
13 一般 金沢医科大学 医学部病理学Ⅰ 教授 清川 悦子 2光子顕微鏡を用いた大腸癌におけるマクロファージの可視化 大島 正伸
14 一般 北海道大学遺伝子病制御研究所 フロンティア研究ユニット血管生物学研究室 特任准教授 樋田 京子 消化器がん発生・悪性化における腫瘍血管内皮マーカー発現の時空間的解析 大島 正伸
15 一般 公益財団法人実験動物中央研究所 動物資源基盤技術センター センター長 高橋 利一 NOGマウスをプラットフォームとした消化器がん発生・悪性化研究のための新規モデルマウスの開発 大島 正伸
16 一般 千葉県がんセンター研究所 がん遺伝創薬研究室 所長 永瀬 浩喜 抗炎症・抗腫瘍化合物の実験動物モデルにおける検証 大島 正伸
17 一般 秋田大学大学院医学系研究科 分子生化学講座 准教授 栗山 正 C2mEマウス由来の炎症組織の器官培養と細胞系譜の追跡 大島 正伸
18 一般 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授 末次 志郎 Rb1の関与する発ガンにおけるp107とIRSp53の役割 高橋 智聡
19 一般 東京医科歯科大学 脳統合機能研究センター 准教授 味岡 逸樹 Rbファミリー遺伝子を欠損した神経細胞におけるがん特異的代謝異常経路の解析 高橋 智聡
20 一般 京都大学大学院医学研究科 分子腫瘍学教室 特任助教 三木 貴雄 がん抑制遺伝子と概日リズムの関連に関する研究 高橋 智聡
21 一般 千葉大学大学院医学研究院 細胞治療内科学講座 准教授 田中 知明 p53-RBネットワークによるがん幹細胞代謝制御機構の基盤的研究B 高橋 智聡
22 一般 東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野 助教 坂本 毅治 がん組織におけるMT1-MMPの新規機能の解析 佐藤 博
23 一般 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 ライフシステム部門&フロンティア研究センター 教授 宇都 義浩 ヒトがん細胞を用いた低酸素選択的Akt/MMP阻害性抗転移剤の開発 佐藤 博
24 一般 筑波大学医学医療系 顎口腔外科学 講師 長谷川 正午 口腔癌細胞におけるmicroRNAのMT1-MMP制御機構の解明 佐藤 博
25 一般 横浜市立大学生命ナノシステム科学研究科 生命環境システム科学専攻 准教授 東 昌市 高特異性MMPインヒビターの創出とがん悪性進展抑制法の開発 佐藤 博
26 一般 慶應義塾大学医学部 病理学教室 専任講師 望月 早月 ADAM28分子標的治療薬開発に向けた細胞膜上活性調節と組織発現解析 佐藤 博
27 一般 福井大学医学部 科学専攻大学院医学系研究科
内科学(2)領域
教授 中本 安成 ケモカインと腸内細菌叢とのクロストークのがん病態での役割の解析 向田 直史
28 一般 富山大学和漢医薬総合研究所 病態生化学分野 准教授 早川 芳弘 ナチュラルキラー細胞によるがん細胞増殖促進に関わる炎症制御機構の解明 向田 直史
29 一般 北海道大学大学院医学研究科 輸血細胞治療部 助教 宮武 平位 秀世 足場依存性多細胞凝集塊によるがん幹細胞様細胞の出現に関与するケモカイン分子の同定 向田 直史
30 一般 京都大学医学部附属病院 生理学・細胞生物学講座 准教授 平位 秀世 慢性骨髄性白血病におけるケモカイン産生制御機構解明 向田 直史
31 一般 和歌山県立医科大学 法医学教室 教授 近藤 稔和 がんの微小環境におけるケモカインシグナルの分子病態学的役割解析 向田 直史
32 一般 九州大学生体防御医学研究所 免疫制御学分野 教授 山崎 晶 死細胞が誘導する免疫賦活反応の分子機構の解明 須田 貴司
33 一般 神戸大学大学院医学研究科 生理学・細胞生物学講座 准教授 西田 満 肺がん細胞の悪性進展におけるRor1の新規機能の解析 松本 邦夫
34 一般 九州工業大学情報工学研究院 生命情報工学科 准教授 青木 俊介 HGF-Metタンパク質間相互作用を制御するための計算科学的な創薬基盤の確立 松本 邦夫
35 一般 岡山大学病院 呼吸器・アレルギー内科 教授 木浦 勝行 EML4-ALK融合遺伝子陽性肺癌におけるALK阻害薬の耐性機序解明 松本 邦夫
36 一般 国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長 河野 隆志 がん幹細胞形質を指標とした新規がん治療標的分子の同定 後藤 典子
37 一般 東京大学医科学研究所 分子発癌分野 教授 井上 純一郎 悪性乳癌幹細胞維持における転写因子NF-kBの役割解明 後藤 典子
38 一般 東京大学医科学研究所 先端医療研究センター 教授 東條 有伸 乳がん臨床検体スフィア培養を用いたドライバー変異の探索 後藤 典子
39 一般 星薬科大学先端生命科学研究センター   准教授 加藤 良規 ヒト乳がん細胞変異株におけるがん幹細胞の解析及び臨床サンプルとの関連性の評価 後藤 典子
40 一般 広島大学原爆放射線医科学研究所 放射線障害機構研究部門 助教 上田 健 Hedgehogシグナルを介した癌転移制御機構に関する研究 善岡 克次
41 一般 大阪薬科大学薬学部 生化学研究室 教授 福永 理己郎 がん細胞の増殖におけるMnkプロテインキナーゼとJSAPの機能的相互作用の解析 善岡 克次
42 一般 金沢医科大学 総合医学研究所 講師 島崎 猛夫 GSK3βを標的とする新規核酸医薬品の機能解析 源 利成
43 一般 山梨大学大学院医学工学総合研究部 解剖学講座細胞生物学教室 学部内講師 吉村 健太郎 大気圧イオン化法-質量分析を用いた大腸がん診断システムの確立および病態解明 源 利成
44 一般 金沢医科大学 一般・消化器外科学 教授 小坂 健夫 大腸がんにおけるβ-カテニン/Tcfの転写標的CRD-BPの分子病理学的特性と病態の解明 源 利成
45 一般
東京都健康長寿医療センター 病理診断科 医長 松田 陽子 膵幹細胞の加齢と発癌機序の解明 源 利成
46 一般
関西医科大学 微生物学講座 教授 藤澤 順一 ATL発症モデルマウスにおけるエピゲノム変化の解析 鈴木 健之
47 一般
東京工業大学生命理工学研究科 生体システム専攻 教授 木村 宏 がん細胞の上皮・間葉転換におけるヒストンメチル化修飾の解析 鈴木 健之
48 一般
早稲田大学理工学術院 先端生命医科学センター 教授 仙波 憲太郎 乳癌の発症と悪性化に伴うエピゲノム変化の解析 鈴木 健之
49 一般
北海道大学大学院医学研究科 探索病理学講座 特任教授 西原 広史 分子標的薬耐性を克服する治療の安全性に関する遺伝子プロファイリング 矢野 聖二
50 一般
富山大学大学院医学薬学研究部 がん細胞生物学 教授 櫻井 宏明 肺がん細胞のEGFR阻害剤に対する耐性機構におけるRSK-EphA2シグナルの果たす役割 矢野 聖二
51 一般
公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター 研究員 片山 量平 融合遺伝子陽性肺がんにおけるBim多型と分子標的薬感受性の解析 矢野 聖二
52 一般
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 呼吸器・膠原病内科学分野 教授 西岡 安彦 肺がん・中皮腫における血管新生阻害薬耐性機構の解析 矢野 聖二
53 一般
(学内)
金沢大学医薬保健研究域医学系 脳・脊髄機能制御学 教授 中田 光俊 既存薬剤を使用したグリオーマ幹細胞制御の試み 平尾 敦
54 一般
(学内)
金沢大学医薬保健研究域薬学系 遺伝情報制御学 教授 松永 司 ERCC1高発現・シスプラチン耐性がんに対する治療戦略 平尾 敦
55 一般
(学内)
金沢大学医薬保健研究域医学系 革新予防医科学 助教 飯田 宗穂 腸管内炎症性ケモカイン発現を誘導する腸内細菌叢の同定 向田 直史
56 一般
(学内)
金沢大学理工学域自然システム学類 生物学コース 教授 Richard Wong 大腸癌進行に関与する核膜孔複合体蛋白の同定および機能解析 源 利成
57 一般
(学内)
金沢大学附属病院 肝胆膵・移植外科 特任助教 宮下 知治 GSK3β阻害による食道発癌の予防とその機序の解明 源 利成
58 一般
(学内)
金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 地域医療救急・整形外科学講座 特任教授 山本 憲男 軟部肉腫のGSK3βを標的とする新規治療法の開発と分子メカニズム 源 利成
59 一般
(学内)
金沢大学附属病院 脳神経外科 医員 古田 拓也 既存薬転用による膠芽腫に対するGSK3β標的療法の開発 源 利成
60 国際 Fudan University Shanghai Cancer Center Fudan University Shanghai Cancer Center Professor Li Jun Jia The role of protein neddylation pathway in Gastrointestinal cancer development and malignant progression in mouse models 大島 正伸
61 国際 The University of Edinburgh, Queen’s Medical Research Institute MRC Centre for Reproductive Health Chancellor’s Fellow 北村 剛規 Genetic Profiling of tumor-associated macrophages in mouse gastric cancer and breast cancer 大島 正伸
62 国際 Seoul National University College of Medicine Cancer Research Institute and Department of Surgery Professor Han-Kwang Yang Identification of microRNAs for gastric tumorigenesis and evaluation as novel biomarker in gastric cancer 大島 正伸
63 国際 Institute of Health and Biomedical Innovation and School of Biomedical Sciences, Queensland University of Technology Medical Biochemistry and Metabolomics, Medical Microbiology/
Oncology and Carcinogenesis, Medical Biochemistry and Metabolomics
Professor/
Associate Professor
Erik Thompson/
Elizabeth Williams
Roles of MT1-MMP in EMT 佐藤 博
64 国際 Genome Institute of Singapore   Senior Group Leader and Professor Yu Qiang Patient-derived in vitro culture system to study molecular mechanism underlying breast cancer stemness and therapeutic resistance. 後藤 典子
65 国際 Fudan University Shanghai Cancer Center Department of Gynecologic Oncology Professor Xi Cheng The relationship between GSK3B ecpression and chemoresistance in ovarian clear cell carcinoma 源 利成
66 国際 Duke-NUS Graduate Medical School Singapore   Associate
Professor
Sin Tiong Ong Circumvention of targeted drug resistance associated with BIM deletion polymorphism. 矢野 聖二