共同利用・共同研究拠点

平成28年度 金沢大学がん進展制御研究所共同研究採択課題一覧

← 表を左右にスクロールしてご覧下さい →

整理
番号
国内
国際
機関名 講座等 職名 代表者氏名 研究題目 担当
教員
1 国内 九州工業大学 情報工学研究院 教授 青木 俊介 HGF-Metタンパク質間相互作用を制御するための計算科学的な創薬基盤の確立 松本 邦夫
2 国内 東京医科歯科大学 脳統合機能研究センター 准教授 味岡 逸樹 Rbが制御するニューロン代謝経路の解析 髙橋 智聡
3 国内 金沢大学 医薬保健研究域医学系 特任准教授 石井 清朗 肝臓から分泌されるヘパトカインLect2はHGF-MET系を介して乳癌及び前立腺癌の骨転移を抑制する 松本 邦夫
4 国内 東京大学 医科学研究所 教授 井上 純一郎 トリプルネガティブ乳癌幹細胞維持における転写因子NF-KBの役割解明 後藤 典子
5 国内 近畿大学 医学部 講師 上田 健 Hedgehogシグナルを介した癌転移制御機構に関する研究 善岡 克次
6 国内 徳島大学 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 教授 宇都 義浩 ヒトがん細胞を用いた低酸素選択的Akt/MMP阻害性抗転移剤の開発 佐藤 博
7 国内 国立がん研究センター 研究所 主任研究員 大木 理恵子 がん抑制遺伝子p53機能喪失による胃がん悪性化機構の本体解明 大島 正伸
8 国内 熊本大学 国際先端医学研究機構 特別招聘教授 大里 元美 転写因子RUNX1エンハンサーeR1を用いた癌幹細胞の純化:異なる組織の癌幹細胞に共通する発癌分子基盤の探索 平尾 敦
9 国内 慶應義塾大学 医学部先端医科学研究所 特任助教 大西 伸幸 マウス脳内神経幹細胞/グリア細胞へのがん遺伝子導入によるin vivo脳腫瘍モデルの構築ならびに解析 平尾 敦
10 国内 山口大学 共同獣医学部 准教授 大浜 剛 胃癌の悪性化におけるProtein Phosphatase6の役割の解明 大島 正伸
11 国内 和歌山県立医科大学 先端医学研究所 教授 改正 恒康 抗がん免疫応答におけるケモカイン受容体XCR1発現樹状細胞およびXCR1の機能的意義の解明 向田 直史
12 国内 星薬科大学 先端生命科学研究センター 特任研究員 加藤 良規 脳転移性乳がん細胞のBCL2A1高発現によるがん悪性化と臨床との関連性の評価 後藤 典子
13 国内 岡山大学 病院 教授 木浦 勝行 EML4-ALK融合遺伝子陽性肺癌におけるALK阻害薬の耐性機序解明 松本 邦夫
14 国内 大阪府立大学 大学院理学系研究科 准教授 木下 誉富 HGF-Metタンパク質間相互作用を制御するための構造基盤の構築と阻害剤設計 松本 邦夫
15 国内 金沢医科大学   教授 清川 悦子 大腸癌の肝転移を制御する微小環境の可視化 大島 正伸
16 国内 理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター ユニットリーダー 清末 優子 APC(adenomatous polyposis coli)変異マウスの腫瘍形成における遺伝子型-表現型相関の分子機構の解析 大島 正伸
17 国内 国立がん研究センター 研究所 分野長 河野 隆志 がん幹細胞形質を指標とした薬剤耐性メカニズムの解明 後藤 典子
18 国内 金沢医科大学   教授 小坂 健夫 βーカテニン/Tcfの転写標的CRD-BPの分子病理学的特性と大腸がん病態の関連解析 源 利成
19 国内 順天堂大学 医学部 教授 小松 則夫 CML患者におけるTKIの継続的投与に伴うケモカインCCL3発現量の推移 向田 直史
20 国内 和歌山県立医科大学 医学部 教授 近藤 稔和 卵巣癌微小環境におけるケモカインシステムの分子病理学的役割の解析 向田 直史
21 国内 東京大学 医科学研究所 助教 坂本 毅治 がん組織におけるMT1-MMPの新規機能の解析 佐藤 博
22 国内 金沢医科大学   准教授 島崎 猛夫 癌細胞エクソソームの分子病態解明によるがん治療法の開発 源 利成
23 国内 大阪大学 大学院情報科学研究科 教授 清水 浩 がん幹細胞特異的代謝フラックスの解明 髙橋 智聡
24 国内 慶應義塾大学 医学部 専任講師 下田 将之 腫瘍形成に関わる間質細胞由来メタロプロテアーゼの機能解析 佐藤 博
25 国内 神戸大学 大学院医学研究科 准教授 下野 洋平 超早期転移乳がん幹細胞を特徴づける幹細胞性維持機構の解析 後藤 典子
26 国内 奈良先端科学技術大学院大学   教授 末次 志郎 IRSp53のがん形成におけるシグナル伝達および代謝における役割 髙橋 智聡
27 国内 早稲田大学 先端生命医科学センター 教授 仙波 憲太郎 がん関連遺伝子による乳癌の発症・悪性化におけるエピゲノム変化の解析 鈴木 健之
28 国内 大阪大学 蛋白質研究所 教授 高木 淳一 プロテアーゼ切断によるHGF活性化の構造的基盤 松本 邦夫
29 国内 千葉大学 大学院医学研究院 准教授 田中 知明 変異p53やp53-Rb/GATA3ネットワークによる乳癌がん未分化性に関わるメバロン代謝経路の制御機構の解明 髙橋 智聡
30 国内 慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任助教 田畑 祥 メタボローム解析による肺がん上皮間葉転換を標的とした治療法の開発 矢野 聖二
31 国内 東京女子医科大学   助教 出口 敦子 Toll様受容体内因性リガンドによるがん微小環境形成に伴う胃がん増悪化 大島 正伸
32 国内 金沢大学 医薬保健研究域医学系 教授 中田 光俊 悪性脳腫瘍に対するドラックリポジショニングの試み 平尾 敦
33 国内 福井大学 医学部 教授 中本 安成 肝臓がんの転移におけるマクロファージの役割とケモカインの解析 向田 直史
34 国内 筑波大学 医学医療系 講師 長谷川 正午 口腔癌細胞におけるmicroRNA-205のMT1-MMP制御機構の解明 佐藤 博
35 国内 富山大学 和漢医薬学総合研究所 准教授 早川 芳弘 乳がん骨転移niche形成に関わるがん細胞-間質相互作用におけるNK細胞の役割解明 向田 直史
36 国内 横浜市立大学 生命ナノシステム科学研究科 教授 東 昌市 個々のMMP活性を選択的に制御する分子の創出とがん悪性進展抑制法の開発 佐藤 博
37 国内 北海道大学 遺伝子病制御研究所 特任准教授 樋田 京子 消化器がん発生・悪性化における腫瘍血管内皮マーカー発現の時空間的解析 大島 正伸
38 国内 京都大学 医学部附属病院 助教 平位 秀世 白血病の進展におけるC/EBPβの機能解明 向田 直史
39 国内 金沢医科大学   講師 平田 英周 脳転移肺がん細胞の薬剤応答と耐性のキネティクス解析 矢野 聖二
40 国内 関西医科大学   教授 藤澤 順一 成人T細胞白血病(ALT)発症モデルマウスにおけるエピゲノム変化の解析 鈴木 健之
41 国内 久留米大学 医学部 助教 古田 拓也 膠芽腫に対する既存薬転用GSK3β標的治療の確立 源 利成
42 国内 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 室長 北條 浩彦 早期薬剤耐性獲得に関わるシグナル伝達経路の解析 善岡 克次
43 国内 千葉大学 大学院医学研究院 准教授 松下 一之 c-Myc制御,DNA損傷修復,癌代謝に関わるFIRに着目した消化器・難治がんの診断法および包括的がん治療法の開発 源 利成
44 国内 東京都健康長寿医療センター   医長 松田 陽子 膵組織幹細胞の老化機序解明による疾患発症機序の解明 源 利成
45 国内 京都大学 大学院医学研究科 特定助教 三木 貴雄 がん抑制遺伝子と概日リズムの関連に関する研究 髙橋 智聡
46 国内 金沢大学 附属病院 助教 宮下 知治 膵がん治療耐性に伴う幹細胞性獲得機構におけるGSK3β/STAT3経路の機能解析 源 利成
47 国内 北陸大学 薬学部 教授 村山 次哉 神経膠芽腫幹細胞への,サイトメガロウィルス感染により誘導されるケモカイン関連遺伝子の影響の検討 向田 直史
48 国内 金沢医科大学   教授 安本 和生 スキルス胃癌の間質増生機序特定と癌性腹膜炎発症機構の本体解明に基づく新規胃癌標的治療法の確立 矢野 聖二
49 国内 国立がん研究センター 研究所 特任研究員 山野 荘太郎 Rb/Akt経路を基軸とした新規多臓器NET発がんマウスモデルの開発 髙橋 智聡
50 国内 金沢大学 大学院医薬保健学総合研究科 特任教授 山本 憲男 軟部肉腫のGSK3βを標的とする新規治療法の開発と分子メカニズム 源 利成
51 国内 東京大学 医科学研究所 助教 横山 和明 mTORC1の脱制御機構の解明・克服は,進行期CMLの薬剤耐性を打破できるか? 平尾 敦
52 国内 山梨大学   学部内講師 吉村 健太郎 質量分析と機械学習を用いた大腸がんの判別アルゴリズム構築および分子病態解明 源 利成
53 国内 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 准教授 吉村 禎造 乳癌細胞由来の内在性GM-CSFが癌微小環境に与える影響の検討 向田 直史
54 国際 ソウル大学がん微小環境研究所     Young-Joon Surh
Marc DiedeRich
がん微小環境による発がん促進機構 大島 正伸
55 国際 Program in Cancer and Stem Cell Biology, DUKE-NUS Medical School     David Virshup 消化器がん発生におけるWntシグナルの制御機構 大島 正伸
56 国際 Hudson Institute of Medical Research, Monash University     Brendan Jenkins 胃がんの分子病理発生機構解明を目指した先端的モデル研究 大島 正伸
57 国際 Institute of General and Experimental Biology,Mongolian Academy of Sciences Mongolia     Tsendsuren Oyunsuren
Purvee Erdenebaatar
肝細胞癌における足場タンパク質JSAPの役割とその分子基盤 善岡 克次
58 国際 Duke-NUS Graduate Medical School(Singapore)     Sin T Ong 肺がんにおけるBIM遺伝子多型に起因したEGFR阻害薬耐性をボリノスタットが解除するメカニズムを明らかにする研究 矢野 聖二
59 国際 ソウル大学がん研究所     Han-Kwang Yang 胃がん組織由来オルガノイドを用いた遺伝子発現解析研究 大島 正伸
60 国際 Institute of General and Experimental Biology, Monogolian Academy of Sciences, Mongolia     Davaakhuu Gantulga がんの発生・悪性化における足場タンパク質JLPの役割とその分子基盤 善岡 克次